納豆がニキビに効果あり

納豆はニキビに効果ある。と言われています

では、納豆がなぜニキビに効果があるのか?

そして食べ方で効果が大きく変わります

この辺を説明していきたいと思います

 

納豆の材料となる大豆そのものがニキビに効果的だと言われています

それはホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの割合が増える事で皮脂の過剰分泌が起こります

男性ホルモンに対しての女性ホルモンの割合を増やすことでホルモンバランスをとる

その女性ホルモンと似た働きを持つのが大豆に含まれるイソフラボン

 

イソフラボンはお肌の調子を整えてくれます

 

ビタミンB2が多く含まれています

ビタミンB2は「お肌のビタミン」といわれるように健康なお肌を作るうえで欠かす事のできないものです

糖質や脂質、たんぱく質の代謝を高めて皮膚を生成促進させます

 

ここで注意したいのがビタミンB2を多く含む食材を摂る時には煮汁も一緒に摂る事

水溶性のビタミンB2は調理時に煮汁に多くのビタミンB2が流れ出てしまうのです

しかし、納豆ならば心配無用ですね

 

ビタミンEを多く含んでいる

ビタミンEは皮膚の老化を防止する作用があります

活性酸素を減らす作用(抗酸化作用)がありお肌の水分を保持してくれます

また血液の循環を良くする効果があり血行不良によるお肌トラブルを回避することができます

 

このようにニキビに対して効果のある納豆ですが、食べ方によって効果の度合いが違ってきます

 

まず、栄養分をシッカリと摂るには粒タイプの納豆

挽き割りだとせっかくの栄養素が流れ出てしまっているので効果が薄くなります

 

熱に弱いので熱しない事

納豆汁などもカラダが温まり美味しいのですが、加熱すると栄養分が逃げてしまいます

 

そして納豆と言えば朝食のイメージが強いですが、実は夜に食べる方が効果が大きいです

これは血栓を溶かすネットウキナーゼが食後10~12時間効果が継続する。ということ

血栓が出来やすい睡眠後6~8時間の時間にあう為です

血液がサラサラになる事で栄養素がシッカリとカラダの隅々までいきわたるようになるからです

 

日本の素晴らしい食材「納豆」でニキビを治しましょう!

 

 

 スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

はじめまして

一言プロフィール

最近のコメント

    ▲ このページの先頭へ