ほうれん草でニキビ予防

ほうれん草にはニキビを治すのに必要とされる栄養素がたっぷりと含まれています

ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEが多く含まれている食材なんです

ビタミンAは肌の細胞を再生するうえで必要な栄養素です

また、再生したお肌を正常なターンオーバーに保つ事にも必要な栄養素です

 

ビタミンB2は新陳代謝を促進させる効果があり、お肌の再生するサイクル(ターンオーバー)を促進します

新陳代謝が活発になったことで皮脂量が増えるのを心配される人もいると思いますが、皮脂量もコントロールする優れものです

ここで注意したいのがビタミンB2を含めてビタミンB群と言われる栄養素は加熱に弱く、熱を加える事で3割~5割が破壊します

なのでほうれん草を食べる時は調理した時の煮汁も一緒に摂るようにすると有効です

 

ビタミンCは肌の細胞を破壊しようとするする活性酸素を除くする働きがあり、ニキビの悪化を防ぐのに効果があります

皮脂の過剰分泌を抑え、コラーゲンの生成を促進するので美容に良いとされていますね

ビタミンCは肌のハリを維持するのに必要不可欠な要素でもあるので積極的に摂るようにしましょう

こでも注意したいのがビタミンCは水溶性の為一度に過剰に摂っても尿として体外に流れ出てしまいます

ので、飲み物で「一日のビタミンCをコレ一本で…」とのCMを見ますが、ほとんどのビタミンCが最初の尿で流れてしまっているワケです

 

ビタミンEはお肌の老化を防いでくれます

どんなに若々しい人でも年齢とともにお肌が劣化し、水分が失われてお肌にトラブルが発生したりハリがなくなってきます

このお肌の老化を防ぐ作用があるビタミンEは当然ニキビにも効果があります

これはビタミンEに抗酸化作用がある事から活性酸素によって起こるシミやシワに効果があります

抗酸化作用がある事でお肌にある皮脂が酸化することで出来る過酸化脂質の発生を防ぎニキビ予防に効果があります

 

 

 スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

はじめまして

一言プロフィール

最近のコメント

    ▲ このページの先頭へ