赤みのあるニキビ跡を治すには

ニキビが治ったのにお肌に赤い色が残っている

こんな状態が「赤みのあるニキビ跡」この言葉の通りです

ではこの赤みのあるニキビ跡なぜこんな跡が残っているのでしょうか?

 

①表面のお肌はニキビが治っているが内部に炎症が残っている

 炎症を起こしていたお肌表面のニキビは治っている

 しかし、炎症が皮膚の奥に残りお肌表面に赤みとして表れている

 

②毛細血管周辺に血液が溜まる

 ニキビの炎症を抑える為に集まった血液がそのまま周辺の毛細血管に残り赤みが残ります

 

③メラニンが生成されている

 ニキビの炎症によりメラニンが生成され色素が沈着してしまいます

 

これらの赤みのあるニキビ跡は放置しておくと治るのにかなりの時間を必要とします

は3,4年はそのまま変化のない人までいます

また人によっては時間が経っても治る事がない場合もあります

積極的なケアをしないと本当に一生抱えたままの悩みになります

この赤みのあるニキビ跡、ニキビが治っているにも関わらず、赤みのあるニキビ跡が残る事でニキビの数が多く見えてしまいます

 

この赤みのあるニキビ跡を治すにはお肌の新陳代謝を高めて正常なターンオーバーに戻す事が何より重要です

これにはビタミンC誘導体配合の化粧水やピーリングそしてプラセンタが有効です

 

ビタミンC誘導体とは?

抗酸化作用のあるビタミンCは分子構造が壊れやすく、水溶性で有るため皮膚に浸透しにくい

そのビタミンCを誘導体化することで皮膚に浸透しやすくしたもの

このビタミンC誘導体は色素沈着を防ぎ、メラニン色素の生成を抑制

美白効果もあり、コラーゲンを増やし抗炎症作用と皮脂分泌抑制の働きもあります

 

ピーリングについては『ケミカルピーリング』をご覧ください

 

そしてもう一つ、ビタミンC誘導体とよく似た効果があり、効果の出方が違うものとして水溶性プラセンタ

こちらも新陳代謝が活発になりメラニン色素の沈着を抑え美白効果があります

活性酸素の発生を抑えると同時にすでに存在する活性酸素を除去してくれます

このプラセンタには、たんぱく質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています

そもそもこのプラセンタとは「胎盤」のこと。

赤ちゃんを育てるうえで必要な栄養を備えています

世界三大美人と言われた楊貴妃やクレオパトラもこのプラセンタを使っていたと言われています

 

この赤みのあるニキビ跡にオススメなのが『ジュエルレイン』

ニキビにお悩みならばすでに聞いた事があるかもしれませんね

このジュエルレインは水溶性プラセンタを有効成分としています

そしてシッカリと保湿してターンオーバーを正常にし赤ちゃん肌のような潤いあるお肌にしてくれます

継続して使うことでお肌の奥に残った炎症により破壊された細胞を体外へと押し出してくれます

 

 

 

 

 

 

 スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

はじめまして

一言プロフィール

最近のコメント

    ▲ このページの先頭へ