色素沈着のあるニキビ跡の治し方

色素沈着とは、シミのように色素がお肌に残る事を指します

ニキビが原因の色素沈着はニキビの放置、ケア方法の間違いによりお肌の奥にある真皮や皮下組織に影響を与え色素沈着を起こします

 

毛細血管周辺に血液が溜まる

ニキビの炎症や化膿で毛細血管が破壊されることで出血します

この時に出血した血液に含まれるヘモグロビンが酸素を失う事で色素タンパク質になり赤黒い色素になり沈着します

 

ではこの色素沈着のあるニキビ跡を治すにはどうしたらいいのか?

 

まずはお肌の奥に残った色素を外に出すために古い角質を除去する事から始めます

ニキビの原因に古い角質が溜まり毛穴が詰まる事からニキビへと発展

そして炎症を起こし、ニキビ跡へと進行するプロセスがあります

ニキビ跡になった時点でも古く硬い角質が残っている事で正常なターンオーバーが出来なくなっています

正常なターンオーバーに戻すために、まずは古い角質を除去することが肝心です

これにはピーリングが効果あるのですが、刺激が強いのでピーリング効果のある石鹸で洗う事で時間はかかりますが古い角質を除去できます

コチラの石鹸ならお肌に優しくピーリング効果を得る事ができますよ

 

 

そして次の段階として、お肌の中に残った色素を外に出す事が必要になってきます

ターンオーバーが正常に戻ればいずれは排出されるのですが、水溶性プラセンタを用いる事でより効果的に色素沈着した組織を体外に排出できます

これについては「赤みのあるニキビ跡」と同じ治療法です

 

 

 スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

はじめまして

一言プロフィール

最近のコメント

    ▲ このページの先頭へ