背中ニキビと臓器

背中に出来るニキビは肝臓の調子が悪いとできやすいです

肝臓の調子が悪いとホルモンバランスが崩れて皮脂が過剰分泌されて毛穴が詰まりやすくなります

元々背中は顔に次いで皮脂分泌量が多い上に汗を掻きやすく、古い角質が溜まりやすい場所です

女性の場合には下着による締め付けがあり血行が低下したり、下着着用部分は汗が留まる事からニキビの出来やすい要素がたくさんある部位

 

では肝臓の調子が悪いとなぜ背中ニキビができるのか?

以上に書いた事を踏まえてココから説明していきます

 

肝臓の機能として一般的に知られているのがアルコールの分解作用

摂取したアルコールは20%を胃 80%を腸で吸収されます

吸収されたアルコールは血液に入り肝臓で水と二酸化炭素に分解されます

また肝臓には栄養素を分解する働きと同時にカラダの中に入った毒素を分解する解毒作用もあります

この解毒作用でキレイになった血液を体内に送り出す代謝機能もあり、この時に解毒されなかった毒素が体中に送り出される事もあります

肝臓が弱っていると毒素も一緒に送り出されることで毛穴から老廃物として外に出そうとします

老廃物が毛穴に詰まり皮脂分泌の多い背中では詰まった毛穴に皮脂が溜まりやすい状態になりニキビができます

このような状態で、さらに外部からは汗や洗い残したシャンプーなどが付着することで毛穴外部の環境も悪くなります

 

まずは肝臓を元の健康な状態に戻す事がとても大切です

機能が低下した肝臓の回復に効く食べ物に「しじみ」があります

二日酔いにしじみ汁なんて話を聞いた事ありませんか?

ちゃんとした裏付けがあったんですよ

しじみには必須アミノ酸が多く含まれています

この必須アミノ酸を補給することでアミノ酸内のタウリンが再生を促します。

また、解毒作用を再び活発な状態に戻してくれます

そんなしじみを簡単に摂取するにはサプリがお手軽です

 

 

 

 スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

はじめまして

一言プロフィール

最近のコメント

    ▲ このページの先頭へ