コラーゲンがニキビの原因!?

コラーゲンはお肌に良く美肌効果がある。といいます

そんなコラーゲンがニキビの原因とは?

 

コラーゲンはタンパク質のひとつで、体内のタンパク質の約3割がコラーゲンです

線維性コラーゲンは、非常に強い力に耐える事ができ、骨などを衝撃から守る働きがある。あまり知られていない事です

非繊維性コラーゲンが美肌に効果があるとされているコラーゲンで、保湿効果が高く皮膚表面の水分蒸発を抑制します

 

このコラーゲン、実は口から摂取つまり食べた場合には体内への吸収率がかなり少なくあまり効果がないです

コラーゲンを体内に吸収するのにアミノ酸に分解されるのですが、他のタンパク質を作る事に使われる為に直接体内のコラーゲンが増える事はほぼありません

 

しかし、美肌に効果ある。と言われていますね

それはなぜなのか?

低分子化されたコラーゲンなら話は変わってきます

体内への吸収率も高く美肌効果を得る事ができます

コラーゲンを摂る時に一緒に摂りたいのがビタミンC

ビタミンCと一緒に摂る事で体内のコラーゲンが安定し維持されるます

 

ここで気になるのが主題の「コラーゲンがニキビの原因」です

コラーゲンの摂り方を間違えると逆にニキビになります

それはコラーゲンの一日の摂取量によります

サプリなどで多くのコラーゲンを摂り過ぎる事でニキビを誘発してしまうのです

ではどの程度の量が適正なのか?

学会の論文報告では一日の摂取量は5~10gと報告されています

この数字を過剰に超えたコラーゲンの過剰摂取は肝臓に大きな負担をかけます

肝臓とニキビの関係

 

妊娠中の人などは妊娠中毒症やむくみが発生

分解されたコラーゲンはアミノ酸になるのですが、その余分なアミノ酸はすべて排出されず一部は皮下脂肪になります

サプリなどでコラーゲンを摂ると他にもニキビの起爆剤があります

それはサプリは色々な添加物を含んでいるのですが、中でも糖分が一番ニキビの原因になります

ニキビの原因にチョコレートに代表される甘い物がありますね

そしてこの糖分が何の糖分なのか?が問題です

もし砂糖だったらコラーゲンと結びついてお肌を硬化させてしまいます

お肌が硬化すると…わかりますよね

毛穴が固くなり詰まりやすくなります

 

コラーゲンは取り方や量によってはニキビに直結してしまうので天然のコラーゲンを摂るようにしましょう

お肌に直接塗るのなら保湿効果も大きくニキビ予防や解消に効果があります

コチラも水溶性コラーゲンを配合し保湿効果が高くなっています

 

 

 

 スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

はじめまして

一言プロフィール

最近のコメント

    ▲ このページの先頭へ